「ARCHI+Labo」 建築家とフェリカ建築&デザイン専門学校による家創りプロジェクト








マイホームをお探しのあなた。気に入った家は見つかりましたか?たくさんの住まいの情報に、「一体何が良いのか分からない」という声も多く聞かれます。家に対する考え方は人により様々で、どれか一つの答えがすべての人にとって'良い家'とは成り得ません。あなたにとって本当に暮らしやすい家とはどのようなものでしょうか?現在の生活スタイルや将来を思い描いて、あなたとご家族にとっての理想の家を想像してください。そして、建築家と一緒に納得のいく家創りをしてみてはいかがでしょう。

変形の敷地で家は建てられないと諦める人がいます。建築家ならこれを面白いと発想転換することもできるのです。

自分スタイルの、理想の家を建築家と共に創る。
家創りの主役はあなたです。まずは夢を語ってください。それを実現するのがパートナーである建築家の役割です。建築家はクライアントの話に耳を傾け、ライフスタイルや価値観、好みを理解します。たくさん話し合って理想の家の在り方を見つけましょう。 建築家と創る家は一つ一つが異なるものでモデルハウスのような見本はありません。それは土地や環境、クライアントの個性、ライフスタイル等、 十人十色の条件をもとに家創りがスタートするからです。建築家のナビゲートで自分スタイルの家が出来ていく喜びを味わっていただけるのです。

<建築家に与えられた役割>
①クライアントの思い描くイメージを具体的な設計プランにまとめること。
②プロの立場から適切なアドバイスをすること。
③工事業者に対しクライアントの代弁者となる。クライアントの不利益とならないよう工事の技術と品質を監理すること。
つまり、建築家はクライアントの強い味方です。

<家に求める要素>
家創りにはルービックキューブのような多面性があります。私たちはあらゆる面から家の在り方を考察し、クライアントの求める要素をバランスよく設計に反映させます。様々な条件や要望に対し、決められた予算の中でどれだけの要素を実現できるのか、そこが建築家の腕の見せ所です。 家の価値を住まい手の満足度で評価するならば、かゆいトコロに手が届く「建築家と共に創る家」はクライアントにとって最良の結果を生むのではないでしょうか。
①快適 住み心地と使いやすさの検討.団らん・くつろぎ空間.家事動線の短縮.Etc.
②安全 頑強な構造(地震等の天災にも強い).バリアフリー.シックハウス対策.防犯対策.Etc.
③耐久 長持ちする家(50年保つ家づくり).メンテナンスが容易な家.将来のライフスタイル変化を考慮(増改築に対応).Etc.
④デザイン クライアントの個性を引き出す.自慢したい家.主張するデザイン.センスの良いインテリア空間.Etc.
⑤環境 土地の環境・気候風土にあわせた家づくり.エコロジー・地球環境への配慮.Etc.
⑥予算 コストコントロール(適所に予算配分).ランニングコストの検討.省エネ効果.Etc.