architectural
engineer
4年制
建築設計工学科
家創りプロジェクト第5弾「朝日町の家」プロジェクト始動!


資料請求はこちら



在学中に「本物の住宅を設計」。実務を通して様々なスキルを磨く。

基本から実務まで段階的に学べる全国でもフェリカだけの独自カリキュラム。 4年の修業年限を、大学教育とも、他の専門学校とも異なる視点からより実践的な学習に費やします。1・2年次で建築の基本を手順良く初歩から学習します。設計技術を確実に習得した後、3・4年次には実際の住宅設計を通じて高度な専門知識と実践力を養います。プランニング段階から実際に建つまでの工程を実体験し、設計から工事監理までの経験を経て企業の即戦力となりうる実力を身につけ、将来の建築家一級建築士を目指します。また、本科を卒業すると大学と同等の高度専門士(文部科学大臣認定)の称号が付与されます。

実務レベルの住宅設計を通して建築全体を理解する。

4年間のうち3・4年次の応用実践課程(ワークショップ)では住宅の実施設計(※)に取り組みます。経験豊富な一級建築士の教員指導のもとでプロジェクトチームを組み、じっくりと2年間をかけて実際の家創りを学習します。 実務とはデザイン、環境、構造、法規、材料、施工、品質、予算管理等、様々な角度から考え抜かれた設計のバランスが求められます。一々検証し、実施図面を描き、工事の状況を逐一チェック。プランニングから工事監理までを一貫して学び、設計事務所と同様の仕事を体験習得してゆきます。工事業者とのコラボレーションによって実現した唯一の学習システムは仕事のプロセスを理解する意味で、将来の大きなアドバンテージとなります。このワークショップは住宅を通して建築全般にも対応できる応用力を養い、建築の面白さや難しさに対面する中で、真のやりがいを実感することができます。


資料請求はこちら





おもな設計カリキュラム※課題内容は年度によって異なります

1年次

①プランニングの方法 建築製図の描き方:CAD操作    ②住宅の設計:グループ制作    ③住宅の設計:個人制作

2年次

④2世帯住宅の設計    ⑤RC造地下付き住宅の設計    ⑥集合住宅の設計

3年次・4年次

専用住宅(実施設計)    在学中に実際の住宅設計を行うことで、実施設計図面の描画、建設現場の実地見学等実現しがたい実務教育を導入した最初の例。設計実務の全てを学生自ら経験し、住宅設計のノウハウを学ぶ。



一般的な建築教育カリキュラムとの比較(参考)

◎2年制専門学校・・・住宅その他の基本設計*机上のプランまで
◎4年制大学・・・・・住宅・その他建築物の基本設計*机上のプランまで
建築設計工学科・・住宅・集合住宅・その他建築物の計画設計、および住宅の実施設計・監理まで

その差は実力の違いとなって現れます!


資料請求はこちら




家づくりプロジェクト第五弾「朝日町の家」

12分のスペシャルムービー!お時間のある時にじっくりとご覧ください。


特典

  • 一級建築士受験資格 本科卒業後実務経験2年で得られます。 (4年制大学建築学部と同等の受験資格)
  • 二級建築士受験資格 本科卒業と同時に得られます。(実務経験0年)
  • 一級建築施工管理技士受験資格
  • 高度専門士付与
  • 大学院入学資格
  • 就職条件等は4年制大学卒業と同等
 

在学中に受験可能

  • CAD利用技術者
  • 商業施設士
  • 二級建築施工管理技士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 宅地建物取引主任者
  • インテリア設計士
  • 色彩検定

資料請求はこちら


建築設計工学科ブログ