建築設計工学科

4年

本物の家創りを学べる唯一のカリキュラム。
実施設計という、どこにもない超実践型教育。

4年の修業年限を、大学教育とも、他の専門学校とも異なる視点からより実践的な学習に費やします。1・2年次で建築の基本設計技術を習得した後、3・4年次には実施設計を通じて高度な専門知識と実践力を養います。基本プランから設計図を起こし、実際に建てるまでの工程を実体験し、設計から工事監理までの経験を経て企業の即戦力となりうる実力を身につけます。このカリキュラムを通して建築全般に対応できる仕事力を磨き、将来の建築家や一級建築士を目指します。また、本科を卒業すると高度専門士(文部科学大臣認定)の称号が付与されます。

■家創りプロジェクト(住宅実施設計)で設計事務所の実務レベルを体得。
3・4年次の応用実践課程(ワークショップ)では住宅の実施設計(※)に取り組みます。経験豊富な一級建築士の教員指導のもとでプロジェクトチームを組み、じっくりと2年間をかけて実際の家創りを学習します。プランニング、基本設計にとどまらず実施設計までを学ぶことで、設計事務所の業務と同様の実務学習を体験していきます。 実務にはデザイン、環境、構造、法規、施工、品質、予算管理等、さまざまな角度から考え抜かれた設計のバランスが求められます。第1ステップとしてそれらを踏まえた実務的なプランニングを学習、第2ステップとして基本プランをもとに詳細設計へと進み、実施設計図面を描きながら、実務レベルの設計技術を習得します。
※実施設計とは、基本設計に基づき詳細な設計を行うこと、工事を着工するための詳細図面を作成することをいいます。

おもな設計カリキュラム※課題内容は年度によって異なります

1年次

住宅設計に必要な知識技術を0から段階的に学ぶ
製図の描き方、プラン演習、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、
建築学(計画、構造、環境 他)、デザイン学 等

2年次

専門知識(構造、法規、施工、設備 他)を深める
CADやCGの表現スキルを磨く、実施図面トレースプラン演習 等

3年次

住宅実施設計プロジェクトを通して応用実践力を養う
専門知識(法規演習、構造計算、材料実験 他)を究める

4年次

机上の学習にとどまらない工事監理の実務を体験する
将来に備える(仕事力、建築士試験)

特典

  • 一級建築士受験資格
    本科卒業後実務経験2年で得られます。
    (4年制大学建築学部と同等の受験資格)
  • 二級建築士受験資格
    本科卒業と同時に得られます。(実務経験0年)
  • 1級建築施工管理技士受験資格
    本科卒業後実務経験3年で得られます。
  • 高度専門士付与
  • 大学院入学資格
  • 就職条件等は4年制大学卒業と同等
 

目指す主な資格

【卒業後】

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 建築施工管理技士

【在学中】

  • CAD利用技術者
  • 建築CAD検定試験
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 建築施工管理技術検定(2級学科)
  • 色彩検定

資料請求はこちら





建築科
設計コース

社会人クラスあり
2年

短期間で即戦力を実現するカリキュラム。
建築専門職としてのノウハウを効率よく学ぶ。

2年を修業年限とするベーシックコースです。建築の基本からていねいに学び、専門職として必要な知識・技術を確実に習得します。いち早く社会に出て活躍するための効率的な学習として、実践的な実習課題と資格試験に対応したカリキュラムが組まれています。
1年次の基礎課程の後、設計コースと現場監督育成コースに分かれて専門課程を学習します。

■二級建築士資格に対応、住宅設計力を鍛える設計コース。
将来の設計士・建築士を目指す本コースは、2年次の専門課程において戸建住宅と集合住宅設計を学習します。最もニーズの高い「住」の領域に特化し、さまざまな条件や構造種別に応じた設計手法を習得することで、実社会に即した設計力を身につけていきます。CAD設計技術を完全マスター、就職に有利な技術を確実なものにします。 また、本科は最短で二級建築士を目指すコースであり、学科試験、実技試験それぞれの対策授業が組まれ、就職1年目の一発合格を目標とします。

おもな設計カリキュラム※課題内容は年度によって異なります

1年次

住宅設計に必要な知識技術を0から段階的に学ぶ
製図の描き方、プラン演習、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、
建築学(計画、構造、環境 他)、デザイン学 等

2年次

専門知識(構造、法規、施工、設備 他)を深め、設計力を鍛える二級建築士試験を見据えた学習

特典

  • 一級建築士受験資格
    本科卒業後実務経験4年で得られます。
  • 二級建築士受験資格
    本科卒業と同時に得られます。(実務経験0年)
  • 一級建築施工管理技士受験資格
    本科卒業後実務経験5年で得られます。
  • 専門士付与
 

目指す主な資格

【卒業後】

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 建築施工管理士

【在学中】

  • CAD利用技術者
  • 建築CAD検定試験
  • 福祉住環境コーディネーター

資料請求はこちら







建築科
現場監督
育成コース

社会人クラスあり
2年

短期間で即戦力を実現するカリキュラム。
建築専門職としてのノウハウを効率よく学ぶ。

2年を修業年限とするベーシックコースです。建築の基本からていねいに学び、専門職として必要な知識・技術を確実に習得します。いち早く社会に出て活躍するための効率的な学習として、実践的な実習課題と資格試験に対応したカリキュラムが組まれています。
1年次の基礎課程の後、設計コースと現場監督育成コースに分かれて専門課程を学習します。

■基本設計力はもとより、工事管理を学ぶ現場監督育成コース。
将来の施工管理技士を目指す本コースは、2年次の専門課程において工事管理の一連を学習します。構造種別ごとに(木造、鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造)その基本設計および施工方法、施工手順、技術基準等を学ぶほか、CADによる施工図作成、積算、工程管理等、実践レベルの内容を習得します。更にレベルやトランシット等の計測器具の使い方、測量方法等も学習範囲です。本科は国土交通省令で定める学科に認められ、在学中に2級建築施工管理技術検定(学科)の受験が可能です。

おもな設計カリキュラム※課題内容は年度によって異なります

1年次

住宅設計に必要な知識技術を0から段階的に学ぶ
製図の描き方、プラン演習、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、
建築学(計画、構造、環境 他)、デザイン学 等

2年次

専門知識(構造、法規、施工、設備 他)を深め、工事管理ノウハウを学ぶ
建築施工管理技術検定を見据えた学習

特典

  • 1級建築施工管理技士受験資格
    本科卒業後実務経験5年で得られます。
  • 2級建築施工管理技術者在学中に受験可能
  • 一級建築士受験資格
    本科卒業後実務経験4年で得られます。
  • 二級建築士受験資格
    本科卒業と同時に得られます。(実務経験0年)
  • 専門士付与
 

目指す主な資格

【卒業後】

  • 建築施工管理技士
  • 一級建築士
  • 二級建築士

【在学中】

  • CAD利用技術者
  • 建築CAD検定試験
  • 建築施工管理技術検定(2級学科)

資料請求はこちら