architectural
designer
4年制
建築デザイン科
CADを使って住宅のCGパースを描く学生


資料請求はこちら



4年間の建築一貫教育で大学単位時間と比べて脅威の160%増!

設計課題は全ての教科の集大成、デザイン + テクニカルな設計を学び建築の総合力を養う。 本学2年制を100%とした場合建築デザイン科4年制200%、某4年制大学建築学部120%。大学では全体の約60%が専門教育に充てられています。それに比べ本学では学習時間のほぼ全てが建築専門教育、その差は歴然。 建築というクリエイティブな分野で自分の表現したいことは何か?惹きつける造形、機能的な空間、自分の頭の中にあるイメージを具現化するために、設計者として必要な知識技術を1年次の基本からじっくり習得し、4年間を通して建築における機能性やシンボル性、デザイン性、社会性等を考慮した創造豊かな建築を極めていきます。将来の建築家や一級建築士を目指します。また、本科を卒業すると大学と同等の高度専門士(文部科学大臣認定)の称号が付与されます。

デザイン + テクニカルな設計を学び建築の総合力を養う

建築の基本となる身近な住宅から学び、デザイン住宅、商業施設、コンサートホールや美術館、大規模公共施設まで様々なテーマに取り組みます。 少人数クラスを採用することにより行き届いた個別指導を実現、最大限に個々の感性を引き伸ばす授業が行われます。設計課題ではコンセプトメイキング、エスキース、設計製図、プレゼンテーション表現に重点を置きつつ、法規、構造、設備といった学習項目を段階的に盛り込むことで建築の総合力を磨いていきます。


資料請求はこちら





おもな設計カリキュラム※課題内容は年度によって異なります

1年次

①プランニングの方法 建築製図の描き方:CAD操作    ②住宅の設計:グループ制作    ③住宅の設計:個人制作

2年次

④多世帯住宅の設計    ⑤中高層賃貸集合住宅の設計    ⑥シティホテルの設計

3年次

⑦商業施設の設計    ⑧美術館の設計    ⑨教会の設計

4年次

⑩公共建築物の設計 他



一般的な建築教育カリキュラムとの比較(参考)

◎2年制専門学校・・・住宅その他の基本設計
◎4年制大学・・・・・住宅・その他建築物の基本設計
◎建築デザイン科・・4年間の建築一貫教育で大学単位時間と比べて脅威の160%増!

その差は実力の違いとなって現れます!


資料請求はこちら



特典

  • 一級建築士受験資格 本科卒業後実務経験2年で得られます。 (4年制大学建築学部と同等の受験資格)
  • 二級建築士受験資格 本科卒業と同時に得られます。(実務経験0年)
  • 一級建築施工管理技士受験資格
  • 高度専門士付与
  • 大学院入学資格
  • 就職条件等は4年制大学卒業と同等
 

在学中に受験可能

  • CAD利用技術者
  • 商業施設士
  • 二級建築施工管理技士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 宅地建物取引主任者
  • インテリア設計士
  • 色彩検定