FUTUROタイトル文字フトゥロ
校庭に設置されたフェリカのシンボルFUTURO(正面)

建築家マッティ・スーロネンheadline用画像

旧ソビエト連邦とアメリカ合衆国が宇宙開発でしのぎを削った1950~'70年代。 スペースエイジと呼ばれるこの時代を象徴するような近未来的デザインが、世界中で数多く生み出されました。 フィンランドの建築家マッティ・スーロネン設計によるUFO型レジャーハウス「FUTURO(フトゥロ)」は、そのフューチャーデザインの中でも金字塔的な建築物です。 標高3,000メートル以上の高地用レストハウスや週末用レジャーハウスとして、あるいは発展途上国の仮設住宅などに使用されることを目的に1968年に開発。その実験的な住空間のコンセプトとデザインは当時世界中から注目を集め、アメリカ・旧ソ連・南アフリカなど、さまざまな国々に輸出されました。 日本へは'70年代初頭に2軒だけ輸出、ライセンス契約が結ばれ製品化されるはずでした。 しかし、その特殊な意匠やコストなどの問題に加え'73年のオイルショックの影響から、わずか十数件で生産を打ち切ることとなりました。



世界中で注目され続けているFUTUROheadline用画像

1979年ニューヨークのMoMA(近代美術館)で行われた「Transformation in Modern Architecture」展では、丹下健三の建築などと並びFUTUROが紹介され、1998年にフィンランドでのドキュメンタリー映画公開、ヘルシンキ建築博物館でのFUTURO展開催によって、ヨーロッパでは再び注目を集めます。 2001年10月、東京の赤坂で開催された「デザイナーズ・ウィーク」で公開された時には多くの建築家・デザイナーが訪れた。このように、歴史の表舞台から消滅し幻の住宅となった現在でも、各国の大きなイベントで紹介されています。



フェリカのシンボルheadline用画像

今現在、世界中で存在が確認されているFUTUROはわずか18軒。'70年代に日本に輸出された2軒のうち、オリジナルのかたちをとどめ内部まで見学できるのは、2001年にフェリカの校庭に設置されたFUTURO一軒のみ。この直径8メートル高さ4メートルのUFOは、建築の新しい可能性を追求し、学生の未来を照らしだすフェリカのシンボルとして、周辺住民や美術・建築関係者の注目を集め学生たちにインスピレーションを与えています。


体験入学・学校説明会・オープンカレッジFUTUROの中を見学できます!

興味がある人はぜひ一度、足をお運びください。